香川県:高松店
 愛媛県:松山店
 高知県:高知店



 リパーツ高松店
 リパーツ松山店
 リパーツ高知店



 こんなお店です
 PIT作業工賃
 選べる車検
 中古車販売
 ガレージライフ



 オススメ商品
 過去のレポート
 近隣ランチ情報
 スタッフ紹介










 ライディングについて
 のんびりジムカーナ当日は時間をかけてアドバイス
 さしあげるのが難しいので、正しいライディング姿勢や
 簡単なジムカーナの走り方など、あらかじめ知っておいて
 いただきたい事柄を、このページにまとめてみました。


 基本ポジション編
 

 バイクに乗る姿勢は軽く前傾して、車体の上で
 いつでも前後左右に動ける状態が望ましくあります。

 視線がやや上目づかいになるように、少し顎を引くと
 見た目カッコ良いです。基本姿勢は野球やバレーの
 守備についている人をイメージするといいかも。


 

 逆に背中を反らして顎が上がってると、上手く操作
 できない以前にカッコ悪いので絶対にやめましょう!


 

 ステップに足を乗せるのは土踏まず付近。
 足先は進行方向へ真っ直ぐ、左右の操作ペダルに
 力を入れずに触れてるぐらいが良いところかと思われます。
 

 

 後ろから見て、ハの字に足先が垂れ下がってるのは
 絶対良くありません。それだと素早くペダル操作できないし
 バイクと一体になりにくいうえ、見た目もカッコ悪いです。 


 

 走行中は下半身でバイクをホールドします。
 いわゆるニーグリップってやつですが、膝だけを
 当てるのではなく、膝から踵まで、足の内側を全部
 使うような雰囲気で車体に添えてみてください。

 これがちゃんとできていれば、片足だけでもしっかり
 ホールドできます。そして下半身がホールドされてると
 上半身の力が抜けて、リラックスして走れるのです。

 ただしニーグリップは無意識にやるものなので
 躍起になってする必要はありません。これから
 走り込んでゆくうちに自然に出来るようになるはず。


 

 シートに座る位置は前過ぎず、後ろ過ぎずの中間付近で
 自然に馴染むところが良ろしいかと思われます。もしくは
 ステップに真っ直ぐ立って座ったところが良いともいわれます。

 座る位置でライダーの動きに対するバイクの反応具合が
 かなり変わるので、ゆっくり走りながら前に座ったり
 後ろに座ったりして、フィーリングの違いを試してください。


 

 スロットル操作する指はいくらかパターンがあります。
 2本がけ・3本がけ・教習所でおなじみの全指握り等々。
 ここは人によって好みが出るのでいろいろ試してください。

 クラッチの握り方もスムーズに操作できるなら何でも
 良いと思います。また操作において「半クラッチを使うな」
 とか言う人もいますが、普通にスムーズに走れてるなら
 半クラを多用するのも大いに結構な事だと思います。
 
 ジムカーナ実走:超最初編

 一般道と比べ、二輪公園のコースの幅は狭く見えます。
 しかしそれで「幅がこれだけしかない」って委縮しちゃうと
 体が固り、消極的な走りになって、余計に難しくなります。

 逆に「コースの幅はこんなにある」とポジティブに考えれば
 リラックスできて、道幅を大きく有効に使って走れるはずです。

 まずはコースをのんびりだらだら流して走ってみましょう。
 バイクを走らせていて少しでも怖いな〜と感じるときは
 「もはやコントロールできてない状態」にあります。

 そしてその怖い原因の多くはスピードの出し過ぎです。
 次のコーナー難しい!と思ったら手前でしっかり減速!
 一息ついて、外側を大きく曲がるとかなり楽です。

 曲がってる間はブレーキは軽くかけた状態がおすすめ。
 二輪公園のような低速域では、曲がり始めから
 コーナー出口を向くまでブレーキを引きずってみると
 乗りやすいです。最初のうちはゆっくりのスピードから
 前後のブレーキを軽く添えた状態で曲がってみてください。

 ギアはなるべく低い1速か2速あたりを使いましょう。
 速く走るためのジムカーナでは大型バイクでも加速の鋭い
 1速固定で走ったりしますが、やっぱり慣れないうちは
 怖いと思うので2速から始めるのもよろしいかと思われます。

 エンジンのアイドリング(スロットルを捻っていないときの
 エンジンの回転数)を簡単に調整できる車種は
 回転数をある程度上げておけばエンストしにくくなり、
 極低速域がスムーズになるので是非ぜひオススメ。
 

 ジムカーナ実走:4つのポイント

 @直線の勢いをコーナーに持ち込むブレーキ。
 A加速しながら脱出できる走行ラインを考える。
 Bセルフステアでバイクの旋回性能を引き出す。
 Cすべての操作はじっくりと素早く。


 @直線の勢いをコーナーに持ち込むブレーキ。

 

 コースを恐怖感なくだらだら走れるようになったら
 ストレート区間でしっかり加速してからの
 ブレーキング→コーナリングを練習してみましょう。

 加速してきた勢いをブレーキを引きずったまま
 コーナー後半まで残すイメージで曲がると
 サスペンションがしっかり仕事してタイヤを
 地面に押し付けるので安定感が出るはずです。

 勿論いきなりフルスロットルするのは抵抗あると
 思うので、まずは前回より気持ち多めに加速して、
 それで余裕で曲がれるようになったら、また少し
 多めにという感じで徐々に慣らしていきましょう。

 A加速しながら脱出できる走行ラインを考える。

 

 ライディングで何より大切なのはラインどりです。
 ジムカーナではしっかり減速して向きを変え、
 フルスロットルで加速できる区間を積極的に
 作っていくという考えでラインどるのが基本。


 

 また複合的なコーナーは最後のコーナーの脱出で
 全力で加速していきやすいラインを考えましょう。

 そして加速できるラインでスピードに乗せれば
 次のコーナーにも勢い良く入れるので、これまた
 良く曲がるという良いの連鎖が生まれるのです。


 

 コーナー進入はなるべく大きく入っていきましょう。
 曲がる直前になってアウトに振って曲がるのは厳禁!
 あらかじめ最初から大きく外側より進入して曲がり、
 コンパクトに抜けていくラインが無駄がありません。
 
 しかしラインどりというのはライダーの技量やバイクの
 大きさ・パワー諸々により異なってきますので、常に
 自分のベストを考えて走るようにしていきましょう。

 Bセルフステアでバイクの旋回性能を引き出す。

 バイクは車体が傾くと自然にステアリングがきれて
 曲がります。これを「セルフステア」と呼びます。

 身近に体感しやすいところでは、低速で曲がるときに
 ハンドルが勝手に大きく切れようとしてくれる感じの
 アレがセルフステアです。それがスピードが出ている
 ときでもやっぱり同じような現象が起きちゃっています。

 そしてセルフステアを知らないうちは無意識にハンドルに
 力を加えちゃってバイクの自然な動作を殺してしまいがち。

 まずはフロントを意識せずリアタイヤだけを傾けるように
 曲がってみたら、それに追従してステアリングが
 切れる様子がわかるのではないかと思います。

 これをライダーが邪魔することなく、バイクの旋回能力を
 最大限に引き出すことがコーナリングの醍醐味なのです。

 セルフステアを活かすには、ハンドルを握るのではなく、
 スロットルやレバーに必要最低限にだけ触れるつもりで
 接してください。そのためには、しっかりとニーグリップして
 バイクをホールドし、上半身をリラックスさせねばなりません。

 腕も伸ばしきることなく、ゆとりを持たしておかないと
 やはりステアリングが切れる動きを妨げてしまいます。

 ハードなブレーキングでコーナーに進入しても、大きく
 ハンドルが切れても邪魔しないコーナリング姿勢が
 その人にとって一番正しいライデイングフォームです。

 C操作はじっくりと素早く。

 スロットルやレバーは可能な限り丁寧に操作してください。
 急なスロットル操作やブレーキは即転倒にも繋がります。
 そしてタイヤやチェーンなど消耗品の減りも早くなりがち。

 理想はジワッと素早く。操作入力ゼロの状態から
 いきなり力を加えるのではなく、いっぺん軽く当てて
 そこからジワ〜と操作していくのが理想。

 いきなりグーでほっぺたをパンチされたら痛いけど、
 一度ほっぺたに拳を当ててから押されたら同じ力でも
 全然痛くないみたいな感じで、丁寧に力が加わるのです。

 セルフステアにせよ、スロットルやレバー操作にせよ
 最初からスムーズに上手くやるのは難しいですが
 常にそれを強く意識し続けることがとても大切。

 そしてこれは何十年バイクに乗っていようとも究極の域に
 達するのはきっと難しいぐらいに奥深い部分・・・。


 バイクを走りやすくする。

 @リアショックのプリロードを触ってみる。
 A効果抜群のサスペンションスプリング。
 Bタイヤの種類の知る。


 @リアショックのプリロードを触ってみる

 

 多くのバイクのリアショックにはプリロード調整できる
 機構が備わっています(ついてないバイクもありますが)。

 その調整でバネの締め付けを強くしたり弱くしたりすると
 固さが変わるのではなく、バイクの姿勢が変化します。
 体感的には車高が変わったような感じがいたします。

 それは例えば重い人や、二人乗りの時はリアショックが
 沢山沈み込むからプリロードをかけて、車体を水平にして、
 本来の設計どうりバイクが走るようにしてねというものです。

 これがスポーツ走行においては、わざとその姿勢を
 崩すことで好みに走行フィーリングを調整できる部分。

 そして姿勢変化だけで驚くほど走りが変わる場合も
 ありますので、せっかくリアショックに備わっていて
 ただでできるセッティング部分だから触らなきゃ損です。 
 
 ただしプリロードをどうしたら良いかというのは特に
 正解がありません。そのバイクに乗ってる人が一番
 満足したところが一番良いプリロード調整位置。

 競技志向な人なら良いラップタイムを刻めるところが
 良いプリロードだし、峠走行ならその道路を走らせやすい
 ところが良いプリロード位置といったところでしょうか。

 プリロード調整のやり方はバイクの説明書に従って
 ください。ただ、触る前に最初の位置を記録しないと
 元に戻せなくなるので注意!ナットを回して調整する
 タイプはノギスなどできちっと数字にして記録しましょう。

 あと、体感的には良くなった!と思っても、タイムを
 測ってみると逆に遅くなってたということもあり得ます。
 それでも本人が満足してるなら、それはそれで大正解!
 気分次第で気楽にセッティングを楽しんじゃってください。

 またツーリングで足つきに不安を感じているのであれば
 プリロードを抜いてバイクの姿勢を後ろ下がりにすると
 足がつきやすくなります。走行中よりもこういう部分で
 安心感を増やすのも立派なサスセッティングだと思います。

 ただしプリロードを大きく変えた場合は、ライトの光軸や
 サイドスタンドを立ててるときの車体の傾きが変わって
 しまうので、その辺は注意しつつ事に臨んでくださいませ。

 A効果抜群のサスペンションスプリング

 

 バイクに乗るほとんどの人がツーリングがメイン、所々で
 スポーティな気分を楽しみたいという感じだと思います。

 そんな人にお勧めなのがサスペンションのスプリング交換。
 Fフォークとリアショックのバネを社外品に換えるのです。

 イワサキではハイパープロの足回りをお勧めしています。
 ハイパープロのスプリングは無段階バネレートといって
 一定の固さを持たず、凸凹ではこまめにショックを吸収、
 強い荷重がかかるときはしっかり踏ん張ってくれる奴です。

 サスの性能はほとんどスプリングで決まると言われており
 交換しただけでも、ほぼデメリット無しでツーリングでの
 乗り心地が良くなるし、スポーツ走行でも乗り良くなります。

 部品代も前後スプリングSETで4万円前後+交換工賃ぐらい
 な場合が多く、高価なリアショックを買うよりリーズナブル。

 前後バラバラでも売ってるのでフロントフォークのオイル
 交換がてらにフロントから入れてみるのもありだと思います。

 Bタイヤの種類の知る。

 

 YOUTUBEなどでジムカーナの動画を探すと
 鬼みたいに速く走る人を見かけると思います。

 それはやっぱりライダーが鬼みたいに速い、という
 のも当然ですが、まず履いてるタイヤが違います。

 彼らはもの凄くよく曲がるかわりに、あっという間に
 寿命が終わる超ハイグリップなタイヤを使っているのです。
 そんな高額タイヤを湯水のように使うのがモータースポーツ。

 ツーリングも楽しみたい一般人はそうはいきませんね。
 しかし、タイヤによって曲がりが違うのも確かな事実。

 なので次にタイヤ交換のときはジムカーナも念頭に
 おいたタイヤ選びを楽しんでいただきたいところ。

 ロードバイクの公道用タイヤはおおまかに言って4種類。

 超ハイグリップタイヤ 曲がり★★★★★ 寿命☆
 レース用タイヤに迫るグリップとコーナリング性能ですが
 温度と空気圧の管理に煩かったり、雨や低い路面温度
 では全然グリップしない実質公道不可みたいな存在です。
 バイクをサーキットやジムカーナ専用車にして、それを運べる
 車があって、本気で競技で成績を残したい人向けのタイヤ。

 ※主要銘柄
 ダンロップα-13SP・ブリジストンRS10TYPE-R
 ピレリ スーパーコルサSP V2・メッツラー レーステックRR K3
 ミシュラン パワーカップEVO

 ハイグリップタイヤ 曲がり★★★★ 寿命★★
 よく曲がり、サーキットから峠までスポーツ走行を存分に
 楽しめます。欠点はやはり減りが早い、温まってないと
 グリップがいまいちなものがあったり、峠では簡単に
 曲がれ過ぎて逆に走り甲斐がなかったりするかも。
 しかし各メーカーの花形なので装着して満足感があります。

 ※主要銘柄
 ラジアル:ダンロップα-13・ブリジストンRS10
      ピレリ ロッソコルサ・メッツラーM7RR
      ミシュラン パワースーパースポーツ
 バイアス:ダンロップTT900GP・iRC RX-01TYPE-Rなど
   
 スポーツタイヤ 曲がり★★★ 寿命★★★
 コーナリング性能と耐摩耗のバランスが良いタイプ。
 ツーリングからサーキットまで幅広く楽しめます。
 軽快にバンクさせられるけど曲がり過ぎないので
 峠なんかではコーナリングし甲斐のある走りを楽しめます。
 そのぶんハイグリップタイヤ装着車に勝つのは困難。

 ※主要銘柄
 ラジアル:ダンロップ ロードスポーツ・ブリジストンS21
      ピレリ ディアブロロッソ2・メッツラーM5/3
      ミシュランパイロットパワー3/2CT
 バイアス:ダンロップGT601/TT100・iRC RX-02など

 ツーリングタイヤ 曲がり★★ 寿命★★★★
 タイヤが減りにくい耐摩耗性能に加えて、長距離を
 走っても疲れにくいし、雨でも寒くてもグリップが良い。
 しかしスポーツ走行で速く走るにはいまひとつ。
 勿論、速くはなくとも上手く走ることは充分可能ですよ。

 ※主要銘柄
 ラジアル:ダンロップ ロードスマート3・GPR300
      ブリジストンT30・ピレリ エンジェルGT/ST
      メッツラーZ8・ミシュラン パイロットロード4/2
 バイアス:ブリジストンBT-45・ピレリ スポーツドラゴン
      ミシュラン パイロットストリートなど
 
 おおまかに4種類ですが、これが一概に言えない部分で、
 ハイグリップでもスポーツタイヤ寄りなタイヤもあるし
 ツーリングでもスポーティ路線なタイヤがあったりです。

 公道走行ではツーリングタイヤが良さそうなものですが
 ジムカーナでしっかり向き変えて加速!ってやるには
 ハイグリップの方が楽しめます。でもやっぱ寿命が気になる
 人はスポーツタイヤがバランス良いかな?みたいな感じで
 自分の乗り方から調度良いジャンルを選びましょう。